セキュリティーライフ

防犯カメラ

 

深刻化する犯罪ですが、防犯カメラによって、未然に犯罪を抑止出来たり、

犯罪解決の重要な手がかりがつかめる事によって犯罪を解決したりと、かなり効果が高い物です。

いつ何時、犯罪に巻き込まれるか分かりません。

偶々、コンビニで買い物中に強盗巻き込まれるケースや、又は、万引き犯の証拠になりうる事もあり。

その利用価値はかなり高い物と言えるでしょう。

 

犯罪を未然に防ぐこの防犯カメラですが設置場所や用途によりその種類も様々です。

わざと目立つような形で犯罪を抑止する物や、あえて目立たない形で犯罪を記録する物など、

用途は様々です。

ですが、犯罪を犯さない一般の人からすれば、ありがたい部分もあるでしょうが、

逆に監視されているようで、快いとは言えませんね。

犯罪者がいなくなれば、企業や店舗などもこの様な事にコスト使わなくてもすむでしょうし、

 

犯罪を未然に防ぐ物でダミーの防犯カメラがあります。

これは見た目が防犯カメラと変わらず、本物と見分けがつきません。

ダミーということで、本物の防犯カメラとは違い映像を記録する機能は備えてありません。

その分低コストで設置可能です。

が、泥棒などに入られた経験がある方は、ダミーではなく、本物の防犯カメラを設置する事をお奨めします。

 

このダミーの防犯カメラは泥棒など、人に気づきやすくするために、

あえて目立つような場所や形をとっています。

これをみて、「ここには防犯カメラが設置されている」と威嚇し犯罪の軽減にも繋がると言う訳です。

出来るだけ大きな目立つような物を選ぶとより効果が得られるでしょう。

このダミー防犯カメラはただ取り付けてはいお終いという物ではなく、

LEDライトが点灯したり、人の動きを感知して作動する等の機能を備えている物もあります。

この様な機能が備わっているとやはり動力源が必要になってきます。

電池式の物や、家庭用電源で動くタイプがあります。

電池式を選ぶ場合、電池の消耗具合を定期的にチェックする必要があります。

まあ、どちらの場合でも定期点検をする事にこした事はありません。

 

防犯カメラとダミー防犯カメラと、どちらでも共通して言えるのが設置場所に気をつける事。

カメラノ取付け位置ガ不自然だと、すぐにダミーだとばれて防犯の意味が無くなってしまいます。

またカメラに死角が出来る設置だと取り付けても意味がありません。

防犯カメラは死角が出来ないように設置する事が基本です。

どのように設置していいか分からない場合は、販売店か、詳しい人などのアドバイスを受けてから

設置するといいでしょう。

 

防犯カメラには、映像を映すだけではなく、その映像を記録する事が出来ます。

なんらかの異常があった時に後からその映像をチェックして異常を確認する事で出来るのです。

出来るだけ、長時間記録する事ができるハードディスクやフラッシュメモリなどの対応の物を

選ぶといいですね。

もし、あなたが防犯カメラやダミー防犯カメラを買う際には以上の事を覚えておくといいでしょう。

注目サイト

チケットぴあ
http://www.pia.co.jp/
ガス滅菌
http://www.japangas.co.jp/

最終更新日:2014/11/12