セキュリティーライフ

盗聴器とは?

 

盗聴器とは何でしょうか?

読んで字の如く、盗み聞きする為の機械です。

盗聴犯は発信機を分からないように取り付け、受信機によって会話などの音声を盗聴します。

発信機が発する電波は半径150mの範囲までとどき、性能の良い物では1kmにも及ぶそうです。

つまり、多く見ても盗聴犯は半径1kmの範囲にいると言う事です。

 

盗聴器には室内と電話の2種類に取り付ける事ができ、室内に設置されるタイプは偽造体の物がその殆どで、

コンセントや時計など様々な形状があります。

コンセントは電源を抜かない限りずっと盗聴器を作動する事が可能です。延長コードなどの形状の物もあります。

時計などのタイプは電池での電源で作動しており電池が切れると発信が途切れます。しかしタイプによっては、

電池が切れて発信が途絶えるのに1週間ほど続く物もあるようです。

この電池タイプは時計以外にもペンタイプや電卓など様々な形状があります。

家に身に覚えの無い物があった場合、盗聴器の可能性が高いですね。

 

電話に取り付けるタイプ。これは回線から電源を供給している為、外さない限り半永久的に作動します。

電話回線上であればどこにでも設置可能です。遠い場所からでも会話を拾うことが出来ます。

この電話タイプは受話器が上がると盗聴器が電波を発信します。

受話器を下ろすと発信は止まります。通話中の会話を盗聴する機械です。

恋人との甘い会話や重要な会議での秘密事項など全て筒抜けと言うわけです。

また、このタイプはプッシュ音やパルス信号などから通話先の電話番号まで分かってしまいます。

 

ところでこのような盗聴器はなぜ入手する事が出来るのでしょうか?

そもそも盗聴器を持っている人がいると言う事はそれを販売している人がいるということです。

盗聴器を販売する事は犯罪ではないでしょうか?

ところが、現在の日本の法律では、盗聴器の販売や購入は違法ではありません。

アメリカなどでは、探偵の資格が無い限り盗聴器の購入はできず、カタログなども入手する事は出来ません。

日本の法律ではまだまだ裁けないのが現状のようです。

 

これまで挙げた盗聴器ですが、それ以外にも特殊な盗聴器が存在します。

壁や窓、空気の振動から会話の内容を読み解くハイテクな物まであります。

直接盗聴と呼ばれかなり高額な物らしいですが、販売されている限り使われていないともいえません。

主なタイプは室内型と電話型ですが、その事も知っておいたほうがいいでしょう。